【外猫散歩】 最近の新顔さん

(この記事はネコジルシの日記からの転載です)


台風9号一過の週末。いつもの外猫たちは幸いにも元気な様子。
土手の手前側にいる子たちは、危険な河川敷に住んでいるわけではなく、あまり川のほうには行かないようなので大丈夫だったのだろう。

ところで、タイトルの最近の新顔さん。新顔さん登場といえば、普通なら喜ぶシチュエーションなのだろうけれども、外猫散歩の場合はそうも言っていられないのがつらいところ。

新顔さん達はまだ数回しか姿を見ていないのだけれど、まだ体も小さく子供の域を脱していない子が多い。

下の写真は、ここ最近何回か顔を見せている新顔さんの一匹のかぎ子ちゃん(♀)。

名前の由来はもちろん尻尾。見事な二段かぎ尻尾で、幸運を引っ掛けてきてくれそうな縁起のいい姿をしている。ちょっと警戒心はああったけれどゴハンを見たらすぐに寄ってきたし、撫でられたり抱っこされるのも問題なく、人の手を知っている様子。迷い猫か?はたまた最近捨てられた子なのか?おなかが少し大きそうなのも気になるところ。

そして、こちらの写真はまだ仔猫のまき子ちゃん(♀)。

こちらももちろん、きれいな巻き尻尾だからまき子ちゃん。昨日一度しか見ていない子だけれど、目ヤニがいっぱいで猫風邪もひいている様子。目が良く見えていないのか、近づいてもおどおどするだけですぐには逃げない。触られることには抵抗はなく、抱き上げると尻尾をぐるぐる回して驚きはするものの、離しても逃げ出さずにゴハンには寄ってきた。こちらも迷い猫か?捨て猫か?いずれにしても、一度ならず人の手を経験しているんだろう。

まき子ちゃんは出来れば病院にと思ったけれども、そのときは連れ帰るバッグもネットもなく、出来るだけ安全そうな物陰に放してあげるしか出来なかった。そして今日は姿は見えず。

ただたとえ病院に連れて行けたとしても、今うちにはもう6にゃんを抱えていて、これ以上保護してあげることは不可能。またその場に放して様子を見るしかない。

どちらもちゃんとした人に飼われていれば、こんなところには来なくて良かったはずなのにねぇ。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です