【外猫散歩】 囚われのこよしママ

(この記事はネコジルシの日記からの転載です)


あれ?こよしママ、何故にこのようなところに?

こよし「あんたが拉致監禁したのでわ? ||Φ|(|T|-|T|)|Φ||

っというわけで、こよしママには手術に向けて3日ほど当家に強制的にご滞在いただきました^^;;;。
こよしママ、室内で見ると色合いが違って見えて、瞳も開いて一段といいネコさんに見えます。目の形と丸顔はアメショっぽいなぁ。アメショ混じりの日本猫かな?搬送中も暴れないし抱いても怒らないから、やっぱり元飼い猫っぽい。

しかし、さすが外猫さんだけあって、ケージ内ご滞在中は「出せ出せ」と鳴きまくられましたョ(;´Д`)。そばに行って撫でてあげると、しばらく落ち着いて寝てるんですけどねー。さすがに不安だったのか。

そしてご滞在中に完成された作品がこちら。

えー、こよしママ、非常にシュールな作風でございますwww。

こよしママは本日手術終了で、明晩か明後日朝にはリリースの予定。

とてもおとなしい人馴れしてるネコさんなので、室内に慣れて鳴かなくさえなれば、もう一度室内飼い猫に戻ることも不可能ではないと思うんですけどねー。リリース後も同じようにゴハン食べに来るようなら、外猫のまま里親さん募集かけてみようかなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です