【雑記】 敢えて言おう、「猫である???」と


映画「グーグーだって猫である」
個人的評価 ★★☆☆☆


今回の星は、まずグーグー他の出演猫さん達に一つ。で、犬童一心監督と小泉今日子さん合わせて一つというところでしょうかね~。

公開直前は、Googleニュース検索で「猫|ネコ|ねこ」を検索すると、最初に上がってくる記事の大半が、この映画関連のプロモーション記事になってるほど、Webメディアでの広告には力が入っていましたね。猫雑誌も軒並み取り上げていて「猫好きならとりあえず見に行くべき」という雰囲気に、これは行かざるを得ないかなと若干流されぎみな感じで、行ってきました。内容に期待はしてませんでしたが、映画化の範囲になる原作1、2巻も文庫版で一応予習して(笑)。まぁ、猫に萌えられればいいかという感じです。

いや、これね、しょうがないと思いますよ。なんせ原作が全く映画向きでないエッセー漫画。んで、複数の脚本家に本書いてもらったらしいですが、結局どれもOKの出来にはならず。挙句原作者・大島弓子さんですら「書きます」と言っておきながら脚本投げちゃったという(笑)。で、監督自ら本書く羽目になっちゃったと。各メディアの監督の話では、まずそれ出てきてますからね~。そんな言い訳から入る映画の出来は。。。言わずもがなでしょう。でも、向いてない原作の割には、監督や小泉今日子さんは頑張ってるなと。

原作は、作者大島さんのペットロスやガンなどといった病とのお付き合いを、グーグー他の猫との生活を中心に描き、重くなりがちな話題をにやりとできる日常風景の一部として、生活感たっぷりに描いている良作。変にストーリー性を持たせる必要のないエッセイ形式ならではの表現が、読者を惹きつけてくれる作品なのだと思います。

けれど映画でそれを表現するのは至難というかおそらく不可能。そりゃ本もあがらないワケですね。

それでもね、いいんですよ、猫さえ見られれば。どうせ内容になんか期待してないんだから。もうね、猫のイイ表情がタ~ップリ見られれば、猫好きなら誰も文句言わないでしょ。けどね、まず結局期待してたほど猫でてこない(ー_ー。もうね、「猫である???」って感じですよ。

確かに猫の出てくるシーンは、よく撮れてると思います。それこそ「CG修正してる?」って程に。ほんと猫の演技って偉大です。

でも、そういうカットが実に少ない!代わりにどーでもいいような恋愛話やら申し訳程度の原作エピソードやらあざといスポンサーPRやら。しかも、まともな役者はキョンキョン以外におらんのか?というその他の演技。あんなボー読み役者やら芸人は要らんから、猫もっと出せばいいのにねぇ。

けど、全く見所がないというわけではありません。冒頭のシーンとか、グーグー中心の場面、あと終盤の夢のシーンとか。ですので、運よくチケットが手に入った人や、閑なときに格安で見られる機会がある方は、観に行ってみるのもいいかもしれませんね。

【雑記】 敢えて言おう、「猫である???」と」への6件のフィードバック

  1. コロチン

    [いいですね]

    う~ん、ずいぶんと辛口な評価ですね~。^^;

    いっぺん見てみたかったけどDVDになるのを待った方がいいかな。

    高い料金払ってまで映画館で見るほどでもないですか。

    参考になりました。

     

    返信
  2. じぇいなす

    お、コロチンさん、いらっしゃいませ~。
    いえ、あくまで個人的評価ですので^^;。

    一応、一般のお客さんの評価もどんなもんかな?という場合は、こちらをご覧になるといいかもしれませんね。

    返信
  3. タマチャ

    グーグーは可愛いし、キョンキョンもいい感じでしたが、

    好きには物足りないですよね。

    猫の演技は難しいでしょう、なかなか頑張ったシーンもあるけど

    とにかく猫のシーンが少ないっ!

    だからなのか、一般受けを狙ったのか、主人公のまわりの人間関係が

    メインのストーリー・・・・・

    原作を読んでいたので、女一人で闘病しながらも、猫に癒されて克服していく姿や

    グーグー以降の野良猫を保護し、育てていくストーリーを想像していたので

    正直、主人公やアシスタントの恋愛や、ましてや森三中のドタバタは無い方が良かったです。

    サバの夏秋も読んでいたので、サバの人間姿は、イケメンの男性が良かったのに・・・

    と、愚痴ばかりの感想なので、どこにも書けずにいましたが

    ここぞとばかりに、書いてしまって、スッキリしました(^^ゞ

     

     

    返信
  4. じぇいなす

    あ、辛口仲間発見!敢えて書いてみて正解だったでしょうか?(笑。

    なんかインタビュー記事とか見てると、犬童監督の中の「大島弓子」イメージでの制作らしいですね。それで原作の一人称とは違った視座になってるようなので、ぜんぜん別のお話と思わないといけないのかもしれませんね。

    ところで、「サバ」ですが、原作やサバの夏秋の絵のイメージでは明らかに男性な感じで、だから♂と思ってる人も多いみたいですが、実は♀(原作にも書いてるw)。映画では実際の性別を採用したみたいですが、あそこも、もーちょっと中性的または大人びた子供イメージの役者さんの方がしっくりきたかな、とかも思いました。

    返信
  5. チャチャ丸

    最近の映画にトンと疎くて・・

    猫といえば「ハリーとトント」ぐらいしか思い浮かばない私です。

    猫映画が話題になって、

    家族を待っている猫さんを迎え入れてくれる方が増えると良いなぁ~。

    とりとめもないコメントで失礼しました(^^ゞ

    返信
  6. じぇいなす

    チャチャ丸さん、こんにちは~^o^。
    グーグーは、冒頭のシーンでサバが。。。なのでチャチャ丸さんにはまだ刺激が強いかもですよ~。

    ハリーとトント」って。。。’75年ですか!
    。。。いや年代の話題はやめた方がいいかなw。
    ロードムービーなんですね~。レンタルしてるかな?

    猫映画に限らずいろいろと猫がブームな昨今、これをきっかけに家族に恵まれる猫さんが増えるといいですよね^^。
    もちろん、ブームで終わってもらっては困りますけどね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です