【雑記】 次回の「ダーウィンが来た!」は、猫好き注目~

ということで、動物好きに人気のNHK「ダーウィンが来た!生き物新伝説」ですが、次回は猫好きなら必見?!のネコ科動物「スナドリネコ」の放送回だそうです。

漫画「ぼのぼの」に登場することで、名前だけは聞いたことがある方はいらっしゃるかもしれませんが、その実態は謎に包まれているそうで。

なんといっても、Wikipediaでも

ネコ科動物にあって特筆すべき魚食動物である。

とされているとおり、野生のネコ科動物にあってはとても珍しい、「泳ぎが得意で、自ら魚を捕まえて食べる」というところが興味深いです。イエネコさんも魚は好物ですが、水はとても苦手。自分で泳いで魚を採ることはないですからねぇ~。

前回のネコ科動物の回は「サーバル」でしたが、この時もとても貴重な映像を見ることが出来ました。今回もきっと唸らせてくれるはず。ご興味おありの方は、録画チェックをお忘れなく~。放送スケジュールは以下のとおりということです。

NHK 総合
 11月9日(日)午後7時30分~8時00分
 11月11日(火)深夜 [12日午前] 2時30分~3時00分

NHK BS2
 11月15日(土)深夜 [16日午前] 3時30分~4時00分

ちなみに、このスナドリネコさん。国内の動物園では大阪の天王寺動物園などで飼育されているそうです。

【雑記】 次回の「ダーウィンが来た!」は、猫好き注目~」への8件のフィードバック

  1. maffun

    今日やなぁ。7時30分からですね。
    携帯に入れておこう。よし、これでアラームが鳴るぞ。

    返信
  2. じぇいなす

    maffunさん、こんにちは~^^。
    猫好きに加えて爬虫類もいけるmaffunさんには、見逃せない放送かもしれないですね。

    しかし、2:22にコメントとはw。色々お忙しそうですねwww。

    返信
  3. maffun

    見た!スナドリネコ!!
    家猫の頭より、ずっとスマートやったね。
    模様がまた、いいね。

    でも、人間のせいで環境が変化し、
    家畜を襲うようになってしまったっていうのが、
    やっぱり・・・・という感じで辛かったですね。

    オオトカゲに襲われたときの傷を見ると、
    思わず取材をするより消毒しろ!と言いたくなった。

    それから、猫がエジプトでは神の使いとまであがめられて大事にされたのに、
    この日本の現状を考えたら、罰が当たって当然やな。
    たくさんの野良猫、たくさんの処分。
    30分番組だったけど、たくさんのことを考えました。

    この番組を教えてくれてありがとう。

    返信
  4. じぇいなす

    maffunさん、こんばんは~^^。

    録った!(ハズw)、けどまだ見てなーい(´・ω・`)。
    maffunさんのコメントを見ると、いい内容だったみたいですね。
    ますます見るのが楽しみです。明日の夜、ゆっくり見ます。

    返信
  5. lunamama

    ぼのぼの、大好きだったので

    スナドリネコさんの本物見れてうれしです♪
    本当にお魚とるの上手だったんですね!
    録画できないから見れないかも(^^;
    えーん。
    返信
  6. タマチャ

    このブルグのおかげで、見逃さずにすみました。

    湿地帯の奥地に生息しているので、撮影は、なかなか大変そうでした。

    でも、魚を撮る姿や、水をすいすい泳ぐ姿をしっかり捉えていて、貴重な映像でした。

    イエネコより精悍な顔だけど、可愛さはやはり猫ですね~

    返信
  7. じぇいなす

    ルナちゃんのお母さん、こんばんは~^^。

    スナドリネコさん、見れましたか?
    こちらで録画できても共有できないのが辛いところです(笑。
    12月になると、NHKではNHKオンデマンドという過去番組がネットで見れるサービスが始まるようですが、有料なんですよね~^^;。

    返信
  8. じぇいなす

    タマチャさん、こんばんは~^^。

    #もう地上波の放送は終わったから、ネタバレかいてもいいかな?
    自分で休憩用の猫ハウスを作ったり、弱った魚を上手にすくい上げて採ってるところは、やっぱりネコらしいところでしたね^^。
    オオトカゲとの戦いに敗れて餌場を追われるところは、猫好きとしてはちょっと切なかったですねぇ。自然界の掟は厳しいです。
    最後に川を泳いで渡って行った彼、新しい縄張りで元気に暮らしていてほしいものですが、スナドリネコの生息地のマングローブ林も進む開発で年々縮小の一途。

    ほとんどのネコ科哺乳類が絶滅の縁にある中、人と共にあるイエネコは増えすぎだと言われ毎日のように殺処分されている現状。人間の罪深さを思い知らされますね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です