【雑記】 いよいよ風邪厳禁の時期…

世の中、年末よりも年度末がピーク、という業界も多いと思いますが、ウチもそんな業界のひとつだったり。

いよいよ、これから3月にかけて風邪も引いている場合でない!という時期にさしかかってまいりました(苦笑。
特に最近はインフルエンザ流行も気になるところ。

といっても、ちょっと前までは、ワクチン・手洗い・うがい以外にはそんなに自衛策もないかと思っていたのですが、最近は空間除菌・ウイルス対策を謳うグッズなんかも出てきているようで。外猫さんとのお付き合いもあるワタシとしては、人間の風邪以外にも、ウチにゃんズの風邪他感染症も気になるところで、興味津々、ちょこっと調べてみましたよ。


まずは猫同居人というところで、ペット用の対策グッズを調べてみたところ、こんなものがあるそうな。


この製品、最近たまに話題になる二酸化塩素(ClO2)を使った、除菌・ウイルス対策グッズのようで。大半の塩素除菌ってのは次亜塩素酸(HClO)系ですが、最近はこの二酸化塩素系のものもちらほら見かけますね。以前は安定して空間放出させるのが難しかったものが、ここ最近の改良で可能になってきたということのようです。次亜塩素酸系と違って空気中に放出して使えるということで注目されているようですね。パルエックスGというのは、この二酸化塩素を適量発生させて、その強力な酸化力で空気中のウイルスまで退治してしまおうというもの。おまけに消臭もできるということで、なかなかよさげなんですが、なんか高いですなf^^;。


同じ二酸化塩素系だと、ラッパのマークの会社から「クレベリン」というのが出てて、こっちがだいぶん安いんですよねぇ。

クレベリン(大幸薬品)

パルエックスGと同じ空間除菌タイプのクレベリンゲルが、同じように持続期間2ヶ月でコスト約1/3ぐらい?ペットに使えるかどうか気になったのでメーカーのサイトを見てみたら、

Q: ペットがいる部屋で使ってもいいのでしょうか?
A: 使えます。ただし、密閉した狭い空間での長時間の使用は避けてください。
 http://www.seirogan.co.jp/products/eisei/faq02.html#1_03

ってことなので、濃度に気をつければ大丈夫みたいですね。

これ、通勤路や近所のドラッグストアなんかでも見かけるので、試しに導入してみよっかな?

あとは手指系の方ですが、ご存知のとおり塩素系除菌剤は強力なんですが生体には直接使えないのが難点。手指消毒といえば、アルコール系の液体あるいはジェルタイプ除菌剤や逆性石鹸なんかがよく使われるようですが、残念ながらウイルスには効かない、
あるいは効いても効力の弱い
ものがほとんどなようで。

イソジンウォッシュ(明治製菓)


そういう中でウイルスにもよく効くものというと、左に挙げたヨウ素系のイソジンウォッシュなんかになるのでしょうかねぇ。傷口消毒やうがい薬にも使われるポピドンヨードが有効成分。色がアレなんですが、伝統のイソジンなので、安全性はそこそこかと。

ただヨウ素系なので、例によって、幼児・妊産婦・甲状腺機能障害のある方の使用は要注意ってことのようですね。

さて、皆さんのうちでは、どんな風邪・ウイルス対策をされているんでしょうかねぇ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です