【外猫散歩】 一雨ごとに。

4月20日からは二十四節気では穀雨ということで、「春雨降りて百穀を生化すればなり」との言葉どおりに、今日は雨。
土手も、一雨ごとに緑の濃さが増してきている今日この頃です。
こんな日には、すっきり晴れた日に撮った写真でも。
川沿いの道では、桜に代わってハナミズキの花が満開。
晴れて空が澄み渡った日には、白い花が青空に映えますねぇ。
なんでもハナミズキは、東京からワシントンD.C.に送られたことで有名なポトマック河畔の桜へのお返しとして送られた木で、そこから日本国内に広まった木なのだとか。

青空に映えるのは花の白のみならず。
白黒猫さんの模様も、青空を背景にすると一段美しさが際立ちますね。
さて、日が昇る頃にはまたこんな青空になってくれているでしょうか。

【外猫散歩】 一雨ごとに。」への2件のフィードバック

  1. Satoru

    [いいですね] 青空に咲く花・猫とてもいいですね!

    布団の上で大の字になって寝ているうちのねこちゃんとは大違い
    返信
  2. じぇいなす

    Satoruさん、こんにちは~^^。
    今朝のこちらは、この写真のようにとは行きませんでしたがまずまずのお天気。
    でも、もう初夏の日差しでちょっと暑いぐらいでした。

    大の字へそ天になれるのは、安心してリラックスできるからですよね^^。
    そんなゆるいところも写真のように決まっているところも、猫さんの姿はどれもかわいいものです。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です