【雑記&外猫散歩】 浮島町公園

さて、川崎大師の次は、再び東京湾岸の人工島方面に戻ります。一つ前のエントリーの川崎大師の最寄り駅となるのが、京急大師線の川崎大師駅です。
この駅前を通っている国道409号をひたすら東に進み、産業道路を越え、浮島橋を渡り、洗剤の匂いが漂う花王川崎工場を左に見ながら、首都高下をさらに南東へとまっすぐまっすぐ向かうとたどり着くのが、浮島町公園です。
公園の丘の上には三基の風力発電風車が設置されていて、これがこの公園のシンボルになっています。
浮島町公園東側の岸壁からは、羽田空港のA滑走路と現在建設中のD滑走路を目前に眺めることが出来ます。

そういうわけでこの浮島町公園も、羽田空港に着陸する飛行機が間近で見られる、飛行機鑑賞スポットのひとつとして有名な場所になっています。浮島町公園では城南島海浜公園から見るRWY22着陸ほど飛行機を近くで見ることは出来ませんが、すぐ前の東京湾海上がA滑走路(RWY34L)着陸の進入路ということで、目の前を通り過ぎていく飛行機を程よい距離から様々な角度で見られるのがよいところです。

ここからの眺めでは、ちょうど東京湾アクアライン入口のピラミッド(浮島換気所)上空あたりから、進入してくる飛行機が大きく見え始めます。

次第に大きく近づきつつ、正面あたりに来る頃が真横の眺め。
そして、目前を通過すると機体の斜め後方からの眺めとなり、小さく遠ざかりつつ、最後は滑走路へのタッチダウンの瞬間までを見ることが出来ます。
動画で見ると、こんな感じ。
このように、約2~3分間隔で次々に着陸していきます。
公園には浮島つり園という24時間開放の無料釣り場がありますので、ここで竿を出せば、飛行機を日がな一日観察しながらの釣りも楽しめます。休日には結構たくさんの釣り人さんたちが集まっているようです。そんなつり園の柵の傍にも、猫さんを見かけました。
この猫さんは、やせていてだいぶくたびれた様子。。。

周りには工場以外ほとんど何もなく、釣り人さんたち以外には訪れる人も少ないであろうこの公園。
この猫さんは、どうやって暮らしてきたのでしょうか。
釣り人さんたちからのおすそ分けだけで、なんとかやってきたんでしょうか。

このときは、釣り人さんのおすそ分けもあまりなかったのでしょうか。随分とお腹をすかせていたようでしたので、手持ちにあった焼き鰹を進呈したところ、とても美味しそうに平らげてくれました。その後は見かけていないのですが、この猫さんが今どうしているのか、他にもいたりするのか、ちょっと気になっている場所なのでした。

【雑記&外猫散歩】 浮島町公園」への5件のフィードバック

  1. lunamama

    [いいですね] 海が見える場所好きです♪

    浮き島っていう場所があるのを知らなかった
    世間知らずなあたし(^^:
    洗剤の工場は大の苦手だから
    (小さい頃近所に会って吐き気がひどいんです)
    難関を突破せねば〜です☆
    すごい派手な飛行機あるんですね〜(☆0☆)
    返信
  2. じぇいなす

    lunamamaさん、おはよーございます^^。

    川崎の工場地帯は、lunamamaさんはあまり近よれない場所ですよね(汗。
    昔の公害時代からするとずっときれいになっているんでしょうが、それでも結構石油系の臭いがしてるし、風向きによっては自転車で走ってると鼻や喉がイガイガしてきたりしますからね。

    浮島は、最近800円に値下げしてニュースにもなっている、東京湾アクアラインの入口があるところです。いつもはかなり閑散としている浮島ですが、値下げで交通量増えるんでしょうかね?

    この派手なジャンボは、ポケモンジェット・ピカチュウVer.ですね~。
    お子様方には大人気ですが、狙ってもなかなか乗れないようです。

    返信
  3. コロチン

    お久しぶりです。

    ここのところ外猫散歩が多いですね。

    姫様やあんこーず達はどうしているのでしょうか。

    そこのところが気になっているコロチンです。

    もしかして隠し子がいるとか(笑)。

     

    返信
  4. Satoru

    [いいですね] すっかり田舎者ですのでそちらに行ったらゆっくり猫ウオッチしてみたいです。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です