【雑記&外猫散歩】 ちどり公園

ちょっと油断している間に、すっかり放置になってしまいました。
気がつけば、3ヵ月以上のブランク。
季節は移ろい、すっかり秋も深まって、冬の足音さえ聞こえてきている今日この頃ですね。
 
まぁ、今年は夏が日照不足で無かったも同然だったので、このブランクもそのせいだったということにしておきましょう。冬も近づき、関東地方では晴天率も上がってきますから、またぼちぼちエントリーも始められそうです。
太陽光発電方式なんですよ、ええ(苦笑。
 
さて、ブランク前はしばらく続いていた東京湾岸人工島の猫スポットめぐりですが、シリーズはまだ続きます。
前回の浮島町公園のある浮島とは、大師運河をはさんだ西側に位置する千鳥町。川崎火力発電所や新日本石油、東燃ゼネラルといった大きなプラントが立ち並ぶ島にも、たくさんの猫たちが住む有名な場所があります。
千鳥町の南端、川崎港に面した工場群に囲まれた公園。
ちどり公園がその場所です。
川崎からは、国道132号を川崎港方面にまっすぐ進み、東扇島にわたる川崎港海底トンネルの手前、川崎火力発電所前の分かれ道を入っていくと、この公園にたどり着きます。
R0016351

 

工場群に囲まれた港湾地区で、周囲には住人は皆無という場所がらだけあって、手入れもあまり行き届いてはいない、ともすると廃墟のような退廃的な雰囲気すら漂う公園ではあるのですが、そんなちどり公園、知る人ぞ知る有名猫スポットとなっています。

雨でも降っていない限りは、だいたいいつ行ってもこのとおり。
 
あちらこちらで、思い思いにすごしている猫たちの姿を見ることができます。
もちろん、このような港湾工業地帯に猫さんたちが自主的に集まってくることはありません。この子達はみな、けしからん人間が遠くから棄てに来たために、ここで生きていかざるを得なくなってしまった猫たちです。
 
この猫さんたちは、有志のボランティアの方々が面倒をみられているとのこと。
このような張り紙のあるエサ場もあったりして、なんとかそれなりの生活を送れてはいるようです。
 
広場を外れてちょっと木々の間を散策してみると、そこでも猫さんたちの様々な姿に出会うことができます。
 
「この丸太はアタシのものよ~」
 
絵になるねむりねこさん。
 
小屋の上で、おすましポーズ(この子はめちゃくちゃ人懐こい^^)。
 
カメラを構えると突進してくる頭突き猫の白黒ちゃん。
 
ぷくぷく×2(笑。
 
「この角はたまらんなぁ=^゚ω゚^=」
 
すりすりご挨拶^^。
その他の写真はコチラのスライドショーにて。

ちどり公園を中心として、この工場地帯の猫さんたちのお世話をされているのは、川崎区内で活動されるアニマルフレンドシップというボランティアグループの方々ということです。

ただグループといっても、こうしたボランティアグループが往々にしてそうであるように、あるご夫妻が中心になって個人ボランティアから立ち上げられた小さなもの。

その努力には、本当に頭の下がる思いがします。

 

ちどり公園を中心に、約100匹の猫さん達を地域猫として面倒を見ていらっしゃるご夫妻の記録は、「工場猫物語」という左にあるような写真集にもなっています。ご興味ある方は是非。

【雑記&外猫散歩】 ちどり公園」への2件のフィードバック

  1. みーこ

    こんばんは~^^

    可愛くてユーモラスな猫ちゃん達!

    みんな地域猫として大事にされているんですね~。よかった~。

    面倒をみてくださってるご夫妻には、本当に頭がさがりますね。

    命を大事にすることの重みがずしんと伝わってきます。

    猫ちゃんたちのさまざまな姿に癒されました・・。 (゜∇゜)

     

    返信
  2. ロイ君ママ

    お久しぶりで~す♪

    あはは、太陽光発電方式とは知りませんでした~^m^

    色々な猫ちゃんがいるんですね~

    表情が割合穏やかだからそんなに苦労はしていないのかな?

    でもこれからですかね。

    大変な季節は・・・

    この所寒いから、外の子が不憫です(T_T)

    ねむりねこさん、ウチのロイ君と配色が似ている。

    皆、元気に春を迎えてほしいです。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です