カテゴリー別アーカイブ: 未分類

【雑記&外猫散歩】 川崎大師周辺

東京湾岸人工島の猫さんシリーズで、城南島から京浜島、大井埠頭、昭和島と西向きに回ってきましたが、そこからさらに羽田を過ぎて西に回ると、すぐ多摩川です。そこを渡ると、もう神奈川に入ります。

神奈川県側の海の方には、巨大な石油コンビナートや発電所などが立ち並ぶ人工島がまだまだ続くのですが、ここではちょっと寄り道をして、その近くのお寺、川崎大師付近の猫さんを紹介したいと思います。

川崎大師というと、関東では初詣の名所。
毎年、年明けに発表されている全国初詣参拝者ランキングでは、いつも上位にランキングされているので、関東以外でもご存知の皆さんは多いのではないでしょうか。

この川崎大師、住んでいるところから自転車で行けるほど近くにあるのですが、最近まであまり行ったことはありませんでした。が、ふとしたきっかけで、この周辺も結構な猫スポットらしいということを知りまして、最近では週末ごとに写真を撮りに通ったりしています。

こんな身近に、こういう場所があったとは、灯台下暗しというやつですねぇ。

この辺りは、川崎大師境内から周辺、大師公園辺りまで全般的に猫さんが多いようです。

公園の植え込みの陰を覗いてみると、日陰でのんびりお昼寝中の猫さんがいたり。

「ウンニャ~、ちょっとだけ相手してやるかニャ」…お腹まわり、かなり貫禄がありますねぇ。

こちらにはおっさん猫が。ファスナーあけたら、ちっちゃい人が出てきそうです(笑)。

境内の石碑の下で、熟睡中の猫さん。
やはり、木陰で石の上だと、夏も快適なのでしょうね。

「写真ばっかじゃなくて、ちゃんとお参りもするニャ~」

「しっかりお参りしているか、ここで見張ってるニャ~」

こちらは公園で、猫さんのラブラブカップル(*^ー^)。

この白黒ハチワレさんには、野良然とした貫禄がありますね~。

反対にこちらはちょっと上品な猫さん。なんだかロングの立ち耳スコっぽい子ですが、この子も野良さんのようです。

「いよぅっ!」…右手を上げて肉球挨拶?
この子は、とても愛嬌がある懐っこい猫さんでした。

その他の写真は、コチラのスライドショーにて。

さて、川崎大師では明日7月17日から21日まで、夏の風物詩・風鈴市が開催されます(川崎大師風鈴市)。
にぎやかな時期には、猫さんたちは静かなところに避難していることが多いかもしれませんが、運がよければ出会えるかも。
お出かけになる方は、少しあたりにも目をやってみてはいかがでしょう。思わぬ出会いがあるかもしれませんよ^^。

【雑記&外猫散歩】 昭和島~森ヶ崎周辺

大井埠頭から平和島を経由、南海橋を渡って南に行くとたどりつくのが、昭和島です。

モノレールに乗って羽田方面へ行ったことがある方なら、「ああ、そんな名前の駅があったなぁ」という記憶もお持ちかもしれません。しかし、島の大半は鉄工所が密集している羽田鉄工団地と森ヶ崎水再生センター東施設によって占められているので、ここに勤めているか近隣住民でもない限り用事もない場所。ほとんどの方は、降りたこともないような場所ではないでしょうか。

森ヶ崎の水再生センターは、いわゆる下水処理場なのですが、その中でも国内最大規模を誇る施設なのだとか。大田区全域と品川・目黒・世田谷区の大部分、渋谷・杉並区の一部の下水処理を担っており、区部全体面積の約4分の1を担っているという巨大処理施設です。

センター施設の上は森ヶ崎公園という公園になっており、上に上ると施設全体を見渡せます。

森ヶ崎公園の近く、南の海側に出ると、知る人ぞ知るちょっと珍しい橋を見ることが出来ます。

この工事中かのような切り離された橋は、1990~1998年の8年間だけ使われていた首都高羽田線・羽田可動橋の橋梁です。

架橋場所が工場が利用する大型船航路にあたったため、日本でも珍しい旋回可動橋構造となったというこの橋。首都高羽田線の慢性渋滞解消のために設置されたということですが、湾岸線整備により交通量が減少。’98年に使用停止となって以来、10年以上撤去されずにこの姿を保っているのだそうで。

今だ撤去されていないのは、羽田空港国際線ターミナルなどの拡張による交通量増加に備えるためだとか。とすれば、2010年10月の国際線ターミナルオープン数年後には、再び運用され動いているところを見られる日もくるのでしょうか。

そんな昭和島~森ヶ崎周辺の水辺を歩いていると、あちこちで猫さんに出会うことが出来ます。

この付近は、水再生センターで浄化された処理水が流れ込んでいる場所のため、東京湾奥深くにしてはかなり水もきれいです。淡水と海水の交じり合う場所柄か、小魚も多いようで、夕暮れ時などに見ていると、水面をばんばん魚が跳ねているところもよく見られ、釣りをしている人もたくさん見られます。

猫さんたちも、おすそ分けがもらえることを期待して、おじさんの釣果に興味津々のようです。

たまには、こんな大物にありつけることも!

「おまえは、ナニか持ってニャいのかニャ???」

人工島には、○○緑道公園といった名称で、緑地化された道のような公園がたくさんあります。
そんな公園の茂みの中でも、猫さん発見。

人工島から人の住んでいる方にわたってくると、外飼いの飼い猫さんにも頻繁に出会います。

クロスでポーズ^^。

「ニャニャっ!不審なヤツが覗いているニャ!」^^;;

猫さんを追いかけているだけで、日が暮れてしまいますね(笑。

その他の写真は、コチラのスライドショーにて。

【雑記&外猫散歩】 大井埠頭

さて、また路線を東京湾岸人工島シリーズに戻しましょうか。

京浜島の北側から京浜大橋渡ったところが、東京港大井埠頭
広大なコンテナターミナルやJR貨物などの多数の物流基地、日本を代表する花卉・青果物市場である大田市場などがひしめき合う、東京そして日本を支えている巨大物流拠点です。

新幹線の車両基地があるのもここですね。

そんな大井埠頭ですが京浜運河側や大田市場裏手の一体は、大井埠頭中央海浜公園東京港野鳥公園などの広大な自然公園も整備されており、東京のオアシスの一つにもなっています。中央海浜公園の方には、大田スタジアムをはじめとした各種スポーツ施設も整備されており、休日にはそこそこの賑わいを見せています。ちょうど今の時期は、夏の全国高校野球の予選大会時期。大田スタジアムでも予選試合が行われるので、入口の上にはその垂幕がかかっていますね。

スポーツ施設外の場所は、せせらぎの森やなぎさの森といった人工整備された小さな森が広がっていて、バードウォッチングなどの自然観察を楽しめるエリアになっています。

また、京浜運河側はコンクリート護岸以外に人工の磯や浜もあり、釣りやバーベキューが出来るエリアも整備されています。

R0019043 - 大井埠頭中央海浜公園(1)

R0019043 – 大井埠頭中央海浜公園(1) posted by (C)じぇいなす

そんな大井埠頭の森や運河に囲まれたエリアにも、猫さんが住んでいるようです。

どなたかお世話されている方がいらっしゃるのか、森の中にはところどころに、雨よけのビニール傘が置かれたゴハン場所があったりします。

R0019013
R0019013 posted by (C)じぇいなす

人が多いときには森の中や植え込みの中でひっそりと、

R0019064

静かなときには、遊歩道や水辺に続く階段、公園の休憩所でのんびり寝そべったりお昼寝したりと、思い思いの暮らしを送っているようです。

昨今の世相を反映してか、公園内に寝泊りされているであろう方々もいるようで。

何かもらえるからということもあるんでしょうが、こうしたところを見ると、猫さんはやっぱり人の傍で暮らしていたいんだなぁと、しみじみ思いますね。

その他の写真は、コチラのスライドショーにて。

【ねこ同居日記】 あん子ーズ4にゃん、2歳。

今日は、あん子ーズの4にゃん(シロアン、チョコアン、ゴマアン、クロアン)の2歳の誕生日(推定)でしたー^o^。

みんな大した病気をすることもなく2歳の誕生日を迎えてくれて、感謝感謝です。
去年は、誕生日のお祝いには首輪を新調したのですが、今年は首輪も汚れていないし、おもちゃも売っているものよりは手作り紙ボールや紙はたきが好評だったりするし、猫タワー1号がかなりヨレヨレボロボロになってきているので、「この夏のうちぐらいに買い換えてあげようかな~」とは思っていたのですが、発注し忘れ(笑。大したものはないけれど、一応お祝いということで猫缶サービスデイでお茶を濁してしまいました^^;;。
しかし、2年といってもあっという間。早いものです。
フォト蔵に今年1年の写真をまとめてみたんですが、さすがに1歳をすぎると、見た目にはあまり変化は出てこないですね。おまけに部屋も変わり映えしないから、時間がたってるのかどうなのかパッと見ではさっぱりわかりません(苦笑。
2歳記念で計ってみた体重は…
  • シロアン(♀): 3.4kg
  • チョコアン(♀): 3.4kg
  • ゴマアン(♀): 3.4kg
  • クロアン(♂): 4.0kg
なんと、クロアン以外はみんな同体重。姉妹でも体型が少しずつ違うので、もうちょっと差があるかと思ったのですが、きれいに横並びです。クロアンが4.0kgとちょっと重いのは、去勢済みとはいえやはり男の子だからでしょうかねぇ。寝っ転がってっていても、姉妹のみんなよりちょっとニョローンと長いし(笑。
どうか来年も、元気でつつがなく3歳の誕生日を迎えられますように。

【雑記&外猫散歩】 京浜島

前のエントリーで城南島の猫さんに触れましたが、いい機会なので、しばらくはその周辺の東京湾岸人工島と猫さんたちを紹介してみたいと思います。
京浜島は、城南島の南西側、城南島と同じく羽田空港に面した人工島です。
地図では城南島より空港に近いのですが、低空を飛ぶ飛行機を間近に目にすることが出来る城南島周辺に比べると、離着陸する飛行機までは距離があるので、飛行機目当てで行くには実はあまり向いていません。けれども、A滑走路延長上からの眺めを見られる数少ないスポットではあります。
こんな↓↓↓具合に、黒煙を噴きながら加速する離陸直前の飛行機や。。。
ラッシュ時には、コチラ↓↓↓のように遠方から次々と連続でアプローチしてくる飛行機を見ることが出来ます(大きなサイズの画にしないと分かりづらいですが、真ん中辺りに着陸直前の機体、その右斜め上に2番目にアプローチしてきている機体の灯り、さらに少し右上に続く3番目の機体の灯りが写っています)。
京浜島は、空港側と京浜運河に面した外周が公園になっており、徒歩や自転車で島の周りをぐるっと半周ほどすることが出来ます。京浜島つばさ公園にはバーベキューサイトや釣りが出来る場所もあるのですが、近くによりレジャー向けの城南島海浜公園があるせいか、休日もそちらよりは比較的静かな場所になっています。

そんな島の外周をぐるりと歩いてみると、ところどころでこのように猫さんに出会えたりもします。

人気のなくなった黄昏時、公園の休憩所に佇む黒白猫さん。

こちらは、海沿いの砂利道をパトロール中だったのでしょうか。
釣り人さんには、おすそ分けをお願いしてみたり。
運河を眺めつつ、まったりしてみたり。
たまには、写真を撮りに来る人に撮影料を要求する人懐っこい子も。

その他の写真はコチラのスライドショーでどぞ~。
この京浜島から昭和島に渡る京和橋の眺めは黄昏時がなかなかきれいで、大田区の新大田区百景のひとつにもなっているようです。

ゆるくカーブを描いて昭和島につながる赤い京和橋。写真は橋が影になって黒くなってしまいましたが、たしかに夕やけが似合う風景で、黄昏時にはいい雰囲気をかもし出してくれますね。