タグ別アーカイブ: 動物

【雑記】 映画「きつねと私の12か月」を観にいってきました

冬休み明けの1月後半はちょっとシーズンを外しているような気もしますが、動物モノの映画が重なって公開されています。今度は「きつね」のお話。
タヌキは今でも里山や人里近くにもやってくるので、野性の姿を見たことがある人も少なくないのではないかと思いますが、キツネとなると、どうでしょうかね?

ウチも実家はかなり田舎の方なので、小さい頃は、サルが出た、イノシシが出た、タヌキが来るなどなどの話題には事欠きませんでした。野生のタヌキを見たことは何度かありますし、イタチを追いかけて遊んだり、捕まったイノシシを見せてもらいに遊びに行ったこともありますが、キツネとなるとちょっとありませんね。

意外に人里近いところにもやっては来るらしく、「野良犬かと思ったらどうもキツネだったらしい」という話は時々耳にしましたが、なにせタヌキなどと比べると警戒心が半端なく強いので、なかなかそれと判るような形で人目についたりはしなかったようです。

キツネというと、昔からなにか他の里山の動物とは違う神秘的な印象と逸話に常に包まれてきたのも、人にとって身近で遠い存在であったからなのでしょう。

本作、そうした里山のキツネに対するノスタルジーの要素もないでもありませんが、舞台は里山どころではないヨーロッパの山奥。とある秋の日、学校帰りの山道でキツネに接近遭遇した少女「リラ」。その瞬間から、キツネという存在に魅入られてしまった彼女は、明けても暮れても頭の中はキツネのことでいっぱい。子どもながらの一途な情熱から、キツネ探しに大暴走する毎日を過ごすように。
映画前半は、リラとキツネの距離はまだまだずっと遠く、山の中でのキツネの姿がドキュメンタリータッチで描かれています。動物ドキュメンタリーを得意とする監督だけあって、ヨーロッパの山野における野生のキツネの描写は圧巻です。他の動物との絡みもすばらしいものが多く、特にリンクスとの追跡・逃走のシーンはこの映画最高の見せ場のひとつでしょう。
一方、そんなキツネを追いかける毎日を過ごすリラの大暴走っぷりは、半端ない野生児レベル。映画ゆえの誇張もあるのでしょうが、全編通しての登場人物が基本的に「リラ」のみなので、この辺りは現実離れしすぎている印象が否めないところ。リラの引き起こした出来事のどれひとつでもバレようものなら、「キツネ禁止!(怒)」は免れないところかと思われますが、そうはならない不思議(笑)。

ともあれ、そんな常識外れで常軌を逸した行動の甲斐あってか、キツネとリラの距離も一緒に遊べるほどにまで次第に縮まっていきます。しかし、「友だち」関係を求めるリラのある日の行動により、物語はほろ苦い結末を迎えることに。

そうそう、この映画全編で捉えられているキツネの仕草一つ一つを見てちょっと驚いたのが、「キツネって、すごく猫っぽい」というところ。山中での単独行動主体の縄張り動物ということで、多少の行動の類似は当然なのかもしれませんが、それにしても仕草や表情まで猫好きなら思わず「似てる!」と思ってしまうようなところまであって、その辺りは新鮮な発見でした。後で調べて知ったのですが、キツネ(アカギツネ)というのは「猫のようなイヌ科」と形容されるのだそうで。瞳も猫のように縦長だし、なるほど納得です。

この作品、動物モノの中では佳作の部類に入るのではと思います。公開期間もそろそろ終盤のようですので、気になっている方はご覧になってみてはいかがでしょう。


ちなみに映画終了後に告知がありますが、人間に感染すると生死に関わるエキノコックス症の問題がありますので、野生のキツネとの触れあいは厳禁!です。

というわけで、一般の皆さんは残念ですが、観察は動物園で触れあいはぬいぐるみさんで我慢しませう^^。

【雑記】 映画「ミーアキャット」を観にいってきました

実は最近、地味~にネットのポイントサービスなんかを利用しているわけですが、クリックポイントでも塵も積もれば(笑。結構貯まってきていたので、たまには使ってみるかということで、こちらの映画を観にいってきました。

こちらの作品、昨年秋に亡くなった名俳優ポール・ニューマンがそのナレーションを担当。これが彼の遺作となったということで、できれば字幕版を見たかったのですが、残念なことに近くの劇場では吹替版のみとのこと(親子連れ向けカテゴリーになっているんでしょう)。というわけで、吹替版を観ることに。吹替版のナレーションは脚本家の三谷幸喜氏が担当。本職ではない方が声を担当というと、やはり出来が気になるところですが、ポール・ニューマンの吹替と思わなければ気にならないレベルにはなっていたかと。

作品は、「ディープ・ブルー」や「アース」のスタッフの手になるものということだけあり、カラハリ砂漠に生きるミーアキャットの生態を如実に捉えた秀逸なもの。なんといっても、非常に小さな彼らが、驚くほど大きく近く捉えられていることに感心しきりです。全長30cmというと意外と大きいようにも感じられますが、動物園で実際のミーアキャットを間近に見るととても小さなことに驚くものです。それを映画館のスクリーンに拡大して、本当に目と鼻の先にいるかのように見せてくれるのですから、さすがです。

ストーリー構成は、野生動物ドキュメンタリーもののお約束(厳しい自然環境・親子兄弟愛・外敵の襲来・主人公を襲うピンチと脱出・成長etc…)を踏襲しているので、あえて特筆すべきところはないのですが、そのストーリ立てにはめ込む素材を撮影するために費やされた努力たるや、想像を絶するものがあります。

尺も83分ですから、動物好きならば最後まで興味深く見守ることが出来る良作かと。

ちなみに、プロモーションの一環として、巷では映画とあわせてこういうイベントも行われているようですね。

富士フィルムFotonoma: 「直立姿を探せ!」フォトコンテスト
大阪なんばウォーク: ミーアキャット“ペーパークラフト”展

2009-01-16追記:
それから、映画とは関係ないと思いますが、現地カラハリ砂漠にてミーアキャットの生態を間近で観察しよう!という海外研究ボランティアの募集が行われているようです。

EICネット: 5/5~5/18「カラハリ砂漠のミーアキャット」プロジェクト調査ボランティア募集中!

―愛くるしいミーアキャットの生態を間近で観察してみませんか―

ミーアキャットは他の個体の子育てを手伝うという共同保育をします。このプロジェクトでは、ミーアキャットの個体群観察を通じて環境と進化がどのように共同保育という行動を形成するのか調べる手助けをします。

ボランティアは25平方キロメートルの面積を有する南アフリカのクルマン川保護区で、人慣れしたミーアキャットのコロニー6つの観察を手伝います。ミーア
キャットの体重測定にくわえて、無線追跡や集中サンプリング、GPSの読取りの技術を習得します。これらは、共同保育が子どもとヘルパー両者の生存率にど
のような影響を与えるのかを調べる為の重要なデータとなります。

アースウォッチの活動を通じ、全世界で毎年4000 人もの市民がこうした研究を支援しています。労力と時間がかかる野外調査に、あなたの力が役に立ちます。

海外ボランティアかつ手弁当ということなので、かな~りハードルは高いかと思いますが、人生で一度はそんな体験してみたい!と思われる方は、問い合わせてみて損はないかも?