月別アーカイブ: 2008年2月

【雑記】 節分、東京雪化粧

(この記事はネコジルシの日記からの転載です)


節分の今日の東京には、久しぶりにしっかり雪が積もりましたね。朝5時ごろには、まだみぞれ混じりの雨でしたが、8時過ぎに目を覚ましてみると一面の雪化粧。午前中いっぱいぐらいまでは、湿った牡丹雪が灰色の空の下を舞っておりました。雪を見るのが初めてのうちのニャンズは、窓から外を眺めては「に゙ゃっ、に゙ゃっ」と奇声を上げて興奮しておりました。

お昼過ぎにちょっと近くの公園に見物に行ってみると、我が国の未来を担う青少年達が作った泥んこ雪だるまがたくさん並んでいましたよ^^。

降り積もったのが休日で、ほっとした人も多いのではないでしょうかね。これが月曜日なら、朝の通勤ラッシュは大混乱だったでしょうね。ただ、明日は道が凍っているでしょうから、皆様お足元にはご注意を。

【外猫散歩】 1月の嬉しかったこと

(この記事はネコジルシの日記からの転載です)


1月には、悲しいことばかりではなく、ちょっと良いこともありました。

常々、避妊してあげなければなぁと思っていたやんままちゃんですが、1月に入ってから2週間ほど姿を見かけないと思って心配していたら、戻ってきたときには避妊済みの印の耳カットをして現れました。きっと近くの餌やりさんが対応してくれたのでしょう。帰ってきてからは前よりさらにべたべたの甘えっ子になっていて、以前ほど喧嘩っ早くなくなっているような気も。こみけちゃんは最近見ないのですが、やんままちゃんといつも一緒にいたのでたぶん一緒に病院に連れて行ってもらったんではないかと淡く期待。甘いかな?

それから夏ごろ紹介した威嚇ネコのシャーちゃんですが、最近またよく現れるようになってきたので、やんままの代わりにこちらを病院に連れて行ってみました。相変わらずの強気の威嚇っぷりで、逃げないくせに人馴れしない子なので、噛み付かれたりお漏らしされたりで連れて行くのは大変でしたが^^;;。で、苦労して病院に連れて行った結果は。。。避妊済みですたよ~とのことorz。なんでも皮膚を切開したところで、避妊処置後の縫合痕が見つかり中まで開かずには済んだとのことですが、それでも怖い痛い思いをさせてしまって悪かったなぁ~と反省。印なしで放されている子やピアスや耳糸をしていても取れてしまった子の場合はこういうことがあるから、なかなか難しいです。

とはいえ、外ネコさんのサポートをしてくれている人が他にもいらっしゃることは心強いかぎり。有難いことです^^。

【外猫散歩】 1月の悲しかったこと・残念なこと

(この記事はネコジルシの日記からの転載です)


以前こちらでも紹介した六郷水門付近に住んでいた人懐っこいネコさん達ですが、1月30日の午後に3匹が亡くなっていたことを知りました。一昨日の朝にはどうも何匹か亡くなったらしい、今朝は噂では毒をもられたらしい、という話を通りがかりの方より教えていただいて、今朝の帰りに気になって様子を見に行ってきました。すると、一枚のポスターが貼られていました。

その後に来られた餌やりの方が詳しいお話を聞かせてくださいました。30日の午後に、別の餌やりの方が3匹がまとめて亡くなっていたところを発見。第一発見者の方が見つけられたときはまだかすかに体温が残っていたそうです。まとめて亡くなっていた状況から、毒入り餌を与えられた虐待死の可能性が高いのではないかとのこと。第一発見者の方は警察にも通報されているそうです。

これは伝聞のお話で、最終的に死因を確かめられたのかどうかまで聞いていませんので本当に虐待事件かどうかは確認できていません。でも話の様子ではその可能性は高いと思いました。とても酷い、許せない話です。虐待事件なら、なんとしても犯人を捕まえて欲しいです。

いつも水門まで足を延ばすわけには行かないので、ひと月に数回ほど様子を見に行く程度でしたが、みんな人懐っこくって、お散歩常連の方々にも愛されていたいい子達でした。虹の橋を渡るにはまだまだ早い子達ばかりでしたが、せめて橋の向こうで幸せに暮らしてくれることを祈りたいです。

話は変わりますが、今はネコさんたちにとっての恋の季節真っ盛り。そのせいか分かりませんが、この頃の散歩の道すがらには迷いネコさん探しのポスターもちらほら見かけます。1ヶ月以上そのままのものや張ってある範囲があちこちに広がってきているものを見ると、まだ見つかっていないのだろうなぁと、毎日気になっています。なんとか見つかってうちに戻れると良いのですが。この季節、みなさまも脱走にはくれぐれもお気をつけを。